1. ホーム
  2. 設置場所とメリット
  3. 工場・ビル

工場・ビル

収益性の確保

産業用太陽光発電の全量買取制度の施行により、契約時から20年間の安定した収益を確保が期待できます。

減税効果

環境関連投資促進税制(グリーン投資減税)の創設により、2011年(平成23年)6月30日~2015年(平成27年)3月31日までの期間内に、太陽光発電設備を取得した事業者は、基準取得価額の30%相当額の特別償却、または7%相当額の税額控除(中小企業のみ)の措置を受けることができます。

室温上昇の防止

建物の既存屋根に加え、太陽電池モジュールとの二重構造により熱を遮断し、室温の上昇を防止します。それにより、室内の空調費の節約に役立ちます。

「工場立地法」対策に有効

経済産業省の工場立地法では、敷地面積9,000m2以上、若しくは建築面積3,000m2以上の工場を対象に、敷地に占める緑地面積を20%以上、 かつ緑地を含め、噴水や運動場などの環境施設を25%以上確保することを促していますが、 工場の屋根に設置した太陽光発電施設の設置面積相当分は「環境施設面積」として算入する事ができます。

次へ