1. ホーム
  2. 産業用太陽光発電のメリット
  3. 全量買取による収益

発電事業(全量買取)

全量固定買取制度とは?

工場や事業所などにおいて、太陽光発電システムを導入し、発電した電気全て
電力会社に一定の価格で買い取ることを義務付ける制度です。

再生可能エネルギーで発電した電力を
電力会社が固定の価格で買い取ることを義務付ける制度のことで、
一定の条件を満たす場合に、発電した電力の全量を一定の期間・価格で買い取るので、
全量買取制度と呼ばれます。

対象となる再生可能エネルギーは、
太陽光発電、風力発電、地熱発電、中小水力発電と、バイオマスの5種類で、
このうち太陽光発電に関しては、10kW未満の(いわゆる住宅用)の場合、
現状と同じ余剰電力の買取が適用されます。

買い取り価格・期間

平成26年度の買取価格は、1キロワットあたり32円(税抜)、買取期間は20年間です。

全量買取制度の仕組み

発電事業者は発電した電力を電力会社に固定価格で全量買い取ってもらいます。 電力会社は賦課金(サーチャージ)を費用負担調整機関に納め、買取費用を交付されます。 電力利用者(電力需要家)は電力を使用し、賦課金を支払います。 国の調達価格等算定委員会は発電事業者の設備認定を行い、買取価格と期間の設定、サーチャージの単価の決定を行います。

全量買取制度のメリット

全量買取制度の施行によって、発電事業者様へのメリットは何があるのでしょうか。

1.施行開始後3年間はプレミア価格(案)

平成24年7月1日の全量買取制度施行後、最初の三年間はプレミア価格が適用される見通しです。 買取価格に関してはそれ以降、年度ごとに見直しが図られますので、早めの導入が有利となります。

2.再生可能エネルギーの普及拡大

この制度が継続的に施行され続ければ、再生可能エネルギーの普及は大きく拡大することになります。 国内におけるエネルギー自給が見直される中、再生可能エネルギーの拡大は将来的にも大きな財産となります。

3.発電事業

買取価格にもよりますが、メガクラスの設置であれば発電事業として採算がとれるようになります。 この制度の普及によって、「屋根貸し」や「発電設備をリース会社から借り受ける」などの事業モデルが誕生しています。

次へ