1. ホーム
  2. 産業用太陽光発電のメリット
  3. CSRアピール

CSRアピール

CSRアピールとは

CSR(企業の社会的責任)に取り組む企業が増えています。 今後は企業の規模に関わらずCSRに取り組むことが当たり前になるでしょう。CSRへの取り組みは単なる環境保護活動ではありません。CSRは自社の事業を軸に環境をはじめ、社会、経済に全体に対し、積極的に企業の責任を引き受けることです。 できることからCSRに取り組むことで、その姿勢が評価され、信頼へとつながります。他社に比べ早い時期からCSRに取り組んだという事実は今後必ず企業のプラスイメージになります。

太陽光発電でCSR活動

「あなたの会社は、地球環境にやさしい会社ですか?」 近年、地球温暖化・天然資源の枯渇の懸念から、各企業の環境運動が急速に高まっています。 地球温暖化を抑制するには、個人や企業が進んでCO2削減を実施しなければなりません。

グリーン電力証明書が、御社の勲章となります

CSR(Corporate Social Responsibility:企業としての社会的責任)を表す行動が必要とされているのは、大企業だけではありません。
今や全ての企業が取り組まなければならない課題となっているのです。
そして、その姿勢を広くアピールすることで、企業イメージのアップにつながります。
そのアピールの一つの形が「太陽光発電システム」である、と答える企業様が増えています。
排出物がなくクリーンで、太陽光という非枯渇のエネルギーを使用した環境に優しいこの発電システムこそが、御社のCSRに多いに貢献するでしょう。

環境教育

CO2削減やの天然資源の枯渇に対する対策は企業だけでなく、一人一人が意識的 に環境保護に取り組むことが重要です。環境教育は環境保護の中でも直接的な保護活動と共に重要です。特定の機関が教育活動の責任を担うのではなく、政府や学校、企業とあらゆる機関で環境保護に取り組む事の重要性を伝え続ける必要があります。

地域貢献

企業のCSRの取り組む範囲は、お客様や株主、取引先、社員だけでなく、地域社会を含む社会の様々なステークホルダー(利害関係者)の要請や期待に対して応えなければなりません。多くの人に評価されることで、将来にわたって存在を期待され続けることは、企業としてブランド価値の確立つながります。だからこそ、太陽光発電の導入と共に、地域への発信を積極的に行う事をお勧めいたします。

非常時の地域貢献

太陽光発電導入の際、自立運転システムや蓄電池システムを備えつけておくと、電力会社からの電力供給がされない場合の地域住民の一時避難場所を提供することも可能になります。